2009年07月15日

パロアルトの投資家、ジョブズ氏と邸宅の引き取りで合意



####

話題の人のニュースで読みましたが、いきなりの話題なので背景が良く分からなかった。チョッと調べてみたら、
 

この大邸宅(14-ベッドルーム)は、1925年に建てられたが荒廃していた。ここの写真を見ると、外見は素晴しいようだが、内部は・・・・どういう経緯で手に入れたか分からないが・・・

大きすぎるし改装には新築以上の費用が掛かるとして、町議会に取り壊して新築する申請を出した。

投資家というのは、その家を建てた「George Washington Smith」のファンだとか。協定ではSteve Jobs側が$600,000を支払って、別の場所に5年以内に移転を完了する事を条件に引き渡すという。この協定も町議会の承認が必要。

未だ最終決着していないが、注目の人の話題だけに調べてしまった・・・・・それにしても古き物を大切にする精神なのか・・・(今回は「・・・・・・」が多い・・・・!)

 


posted by 意塚 喜多道 at 00:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。